パパ’s文化祭

あたたかいお天気ですね♪

春の訪れを感じるこの頃です

15日(日)に秋田県児童会館 ”みらいあ”にて、県内のパパサークルでファザリングジャパン秋田会員、あきたイクメンネットワーク、あきた木木遊び隊、パパコラボのみなさんによる文化祭が開催されました。

絵本ライブやマイ箸づくり、楽器で遊ぶブース、子育てトークライブなどの催しがあり、私は絵本ライブと子育てトークライブに参加してきました。

 

絵本ライブでは、「うんちっち」(ステファニー・ブレイク 作 ふしみみさお 訳)をはじめ、「3びきのやぎのがらがらどん」(マーシャ・ブラウン 絵、せた ていじ 訳)では、ギター演奏をしながら絵本を読んでくれたりと、おもしろおかしく声色を変えたり、顔真似をしてゲラゲラ声を出して笑ったり、パパたちが子どもたちと一緒に絵本を楽しんでいるという感じがしました

 

写真+1[2]

午後の子育てトークは、NPO法人ファザリング・ジャパン代表の安藤哲也さんのお話でした。

パパが主体的に子育てに関わることで、夫婦関係が強まり、家庭の笑顔も増える。
イクメンブームと言われているが、パパもママもしばられて苦しむ必要はない。
オリジナルなパパママ、夫婦になっていくことが大事。
家族との時間を増やすためには、仕事を効率的に進める意識改革が大切だとお話しされました。

パパでもママでも、それぞれがその人らしくいられるように、お互いを気遣ってあげられたらいいですね

私もみんなが寝静まった真夜中に、お菓子作りをしたり、本を読んだりして、自分だけの時間を大切にしています。

 

最後に子育て四訓のお話しがあり、なるほど!納得する内容でしたのでご紹介します。

1.乳児はしっかり肌を離すな

2.幼児は肌を離せ手を離すな

3.少年は手を離せ目を離すな

4.青年は目を離せ心を離すな

 

早すぎず、遅すぎず、放任すぎず、構いすぎず、適切なタイミングで自立へ向けたサポートが必要なんだな〜とつくづく感じました

 

コメント