「小児看護の基礎知識②」ファミリーサポート講習会

9月15日(月)伊藤小児科・内科医院 院長の伊藤忠彦氏をお招きして、子どもがかかりやすい疾患と看護方法について教えていただきました。

乳幼児突然死症候群(SIDS)は男児や寒い時期に多く、88.8%が1歳未満である。又、危険因子として、うつぶせ寝、両親の喫煙、人工栄養、体を暖めすぎる、柔らかい布団、風邪をひいている、中枢性鎮咳剤(アスベリン)等があげられると話していましたよ

%e5%b0%8f%e5%85%90%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e2%91%a1-4 %e5%b0%8f%e5%85%90%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e2%91%a1%ef%bc%8d5 %e5%b0%8f%e5%85%90%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e2%91%a1-7

次回は、9月30日(金)健康推進課管理栄養士をお招きし、栄養についてのお話と調理実習を行います。

 

 

 

 

コメント