「子どもの栄養」ファミリーサポート講習

9月30日(金)健康福祉部 健康推進課 栄養支援係の佐々木リサ子氏を講師に、「子どもの栄養と食生活」の講話と調理実習を行いました。

食物アレルギーの発症は、0~1歳の赤ちゃんの約10%に見られ、適切に対応していけば3歳までに約50%、6歳までに80~90%がアレルギーを起こした食べ物が食べれるようになるそうです。まずは肌の状態のいい時に離乳食をはじめてみた方がよいと話していましたよ

%e6%a0%84%e9%a4%8a4   %e6%a0%84%e9%a4%8a2

調理実習のメニューは・おにぎらず・鮭のちゃんちゃん焼き風・とん汁・フルーツヨーグルトを作りました

とん汁の薄味に、いかに普段塩分の濃い汁を作っていたか考えさせられるいい機会になりました

%e6%a0%84%e9%a4%8a%e2%91%a6 %e6%a0%84%e9%a4%8a%e2%91%a5

次回は10月20日(木)身体の発育について学びます。

 

 

コメント