生まれてくる赤ちゃんのために

近ごろ、ちょっと心配なことがあります。おなかの赤ちゃんにとっていちばん困るのはお母さんがたばこを吸うことです。

たばこに含まれるニコチンは、胎盤中の血液の流れる量を少なくしますから、たばこを吸う妊婦さんからは、しばしば小さな赤ちゃんが生まれることがあります。体重が少ないというだけでなく、内臓などの器官が未発達なうちに生まれてくるという不安もあります。妊娠したら、たばこは即刻やめましょう。生まれてくる我が子に対する責任のひとつです。

また、妊婦さんが吸わなくても、同じ部屋でご主人が1日1箱以上、ぷかぷかとたばこを吸えば、副流煙というものを吸うことになり、赤ちゃんのおしっこに、分解されたニコチンがはっきりとでることがわかっています。たばこ好きのご主人には、このことをお話しして、ぜひ協力を求めてください。

子どもの「花」が育つとき(小学館)  内藤 寿七郎:著

コメント