8月31日は「野菜の日」・三度の食事に欠かさず野菜を!

『一日350gの野菜と200gの果物を食べましょう』

 秋田県が平成23年度に実施した県民健康・栄養調査結果では、60歳代以外は目標値に
達しておらず若い年代ほど不足している結果になりました。特に子育て世代の20歳代、30
歳代は欠食率が高いのでそのことも影響していると考えられます。

 子どもの頃から野菜のうまみや苦味、香り、食感に親しむことをせず野菜のおいしさを学ば
ずにいると、栄養のバランスが偏るばかりか味覚の発達にも影響します。
 また、野菜を中心とした「副菜」を食べずに肉を中心とした「主菜」ばかり好んで食べると、脂
肪の摂取過剰から肥満を招くおそれがあります。子ども時代の肥満は大人になっても解消し
にくく、いずれ糖尿病や高血圧など生活習慣病のリスクを高めることにつながります。

【野菜350gの調理例】 

野菜350gの調理例 野菜は生野菜だけでなく、加熱して
かさを減らすとたっぷり食べられます。
 果物200gの目安はりんごは中1個
みかんだったら2個になります。                  

コメント