図書館からのおススメ絵本 ~Vol.70~

kyodaina 『きょだいなきょだいな』長谷川摂子/作,降矢なな/絵,福音館書店 1988

「あったあとさ、あったとさひろいのっぱらどまんなか」リズムよく繰り返されるフレーズは、耳に心地よく、物語へと引き込ませてくれます。

タイトルにあるように、物語は身近なものが次々と巨大になって現れます。ピアノも石鹸も電話もトイレットペーパーも!!巨大なものたちに向かっていくのは100人の子どもたち。

ピアノの上で鬼ごっこをしたり、石鹸でつるつるすべりっこ。トイレットペーパーをおいかけてみんなでお尻をふいたり。

お話を聞いていると、それぞれの場面で登場する子どもたちと一緒に体験している気分になること間違いなし。何度も何度も読みたくなる絵本です(by ishi)

コメント