子育て世帯臨時特例給付金を支給します

お知らせ

今年度、消費税率が引き上げられたことから、子育て世帯への影響を緩和するため、子育て世帯臨時特例給付金(給付額:対象児童1人につき1万円)が給付されます。
対象になる方は、基準日(平成26年1月1日)時点で住民票のある市区町村への申請が必要になりますので、各市区町村の申請期間内に申請してください。

※横手市が申請先となる受給者の皆さまには、5月末日にお知らせをお送りしておりますので、内容を確認のうえ申請をお願いします。

 ◆支給対象者
基準日(平成26年1月1日)において平成26年1月分児童手当(特例給付を含む)の受給者であって、平成25年分の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。
※基準日に生まれた児童や国外から転入された児童を対象とした平成26年2月分児童手当の受給者を含みます。

◆対象児童
支給対象者の平成26年1月分児童手当(特例給付を含む)の対象児童
※基準日に生まれた児童や国外から転入された児童で平成26年2月分児童手当の対象となった児童を含みます。

ただし、以下の児童は対象外となります。
○生活保護制度の被保護者にあたる児童
○臨時福祉給付金の対象となる児童(平成26年度の市民税均等割が課税されている方の扶養親族等 でない児童や施設入所児童等)

◆申請先
本庁舎4階 子育て支援課 児童家庭係 または 各地域局 市民福祉課 保健福祉係
※子育て支援課(横手地域)の受付は、6月中は条里南庁舎(消防署隣)交流ホールで行います。

◆申請期間
平成26年6月2日(月)〜平成26年9月30日(火)
※土・日・祝日を除き午前9時~午後5時まで受付しております。

◆提出書類
<公務員以外の方>
申請書(対象になると思われる方には、5月末日に送付しております。)
※現在横手市から児童手当を受給している方は、児童手当現況届も提出してください。
※児童手当振込口座を選択されない場合は、本人確認書類(運転免許証など)と本人名義の口座が確認できる書類(通帳・キャッシュカードの写し)が必要となります。

<公務員の方>
所属庁から交付される申請書と児童手当受給状況証明書、児童手当の振込口座が確認できる書類
※児童手当振込口座を選択されない場合は、本人確認書類(運転免許証など)と本人名義の口座が確認できる書類(通帳・キャッシュカードの写し)が必要となります。

<平成26年1月1日時点の住所地が横手市以外の方>
平成26年1月1日時点における住所地の市区町村にお問い合わせください。

【問合せ】
横手市健康福祉部子育て支援課 電話0182-35-2133

関連リンク