5月5日~11日は児童福祉週間「君がいる ただそれだけで うれしいよ」

お知らせ

厚生労働省では昭和22年から毎年、子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定め、児童福祉の理念の普及・啓発のための各種行事を行っています。

この象徴となる全国統一標語は全国から公募され、平成25年度は6,713点の応募作品の中から「君がいる ただそれだけで うれしいよ」[多賀葵さん(東京都)作]が選ばれています。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

関連リンク