図書館からのおススメ絵本 ~Vol.104~

3~5歳向け

 『じゃぐちをあけると』 しんぐう すすむ/さく 福音館書店,2009

自分が小さな子の目線になったかのような、インパクトのある表紙を開けましょう。シンプルで写実的な絵と、柔らかいクレヨンで描かれた文字が並びます。

水道の「じゃぐち」をひねると勢いよく水が出てきます。その水を、指で触るとどうなるかな?チュっと跳ねたよ。じゃあ、たたいてみたらどうなる?コップにあててみたら? スプーンを入れたらどうなるんだろう?

身近な「蛇口から出る水」が、いろいろな形態に変わるのを「すべりだい」「ふうせん」「うちゅうせん」と、小さい子が親しみやすいやさしい言葉で説明してくれています。科学の絵本ですが、夏の水遊びにもぴったりですよ。

遊んだあとは、「じゃぐちをしめて はい おしまい」!(su-san)

コメント