図書館からのおススメ絵本 ~Vol.119~

6歳~向けの絵本です

『メアリー・スミス』 アンドレア・ユーレン/作 光村教育図書 2004.7

表紙の女の人は一体何をしているのでしょう?

まだ誰もが寝静まる夜明け前、メアリー・スミスの仕事は始まる。一軒の家の前にやってくると、ゴムのチューブにそら豆をこめ、プッ!とひとふき。カチン!パン屋のまどに見事命中!眠たそうなパン屋さんが起き出した。さてその次は車掌さんの家…とメアリー・スミスは町じゅう歩き、そら豆をプッとひとふき、次から次へと町の人を起こしていく。

めざまし時計が普及する前のイギリスに実在した「めざまし屋」という職業のお話です。今では思いもよらない昔の仕事の面白さを教えてくれます。めざまし屋という職業に誇りを持つメアリー・スミスがかっこいい!文章はリズミカルで読みやすく、最後のオチにも思わずにっこり。巻末には解説もついていますので、合わせて紹介してみてください。(by yuko-rin)

コメント