図書館からのおススメ絵本 ~Vol.133~

3~5歳向けの絵本です

『くいしんぼうのはなこさん』いしい ももこ/ぶん,なかたに ちよこ/え,福音館書店 1979

新年のはじめは2021年の干支にちなみ『くいしんぼうのはなこさん』を紹介します

はなこはおひゃくしょうさんの家に生まれたうしです。ほし草は嫌だとか、トウモロコシを食べたいとかわがままなことばかり言います。ごちそうばかり食べているので、大きく育ち、体はピカピカに。

春になるとおひゃくしょうさんは、はなこを山の牧場につれていき、ほかの牛たちと一緒に生活させることにしました。たくさんの牛たちの中でも、はなこは一番体が大きくて力も強いので、あっという間にみんなを従え、大威張り。

おひゃくしょうさんが持ってきたおいもとかぼちゃを独り占めにして食べると、翌朝、はなこの体は……

威張ってばかりで、くいしんぼうのはなこさんが最後にはよい牛になるお話。たくさんの牛たちの様子が優しいタッチで描かれていて、絵を見ているだけでも穏やかな気持ちになる絵本です。表情豊かなはなこさんが本当に可愛らしい(by ishi)

コメント