図書館からのおススメ絵本 ~Vol.148~

3~5歳向けの絵本です

『おばけのジョージー』ロバート・ブライトさく・え,光吉夏弥やく 福音館書店、1978

ジョージーは、ホイッティカーさんの家の屋根裏に住んでいる小さなおばけです。

ジョージーは、毎晩同じ時間に、家の階段やドアをそおっと鳴らすことにしていました。その音は、ホイッティカーさん夫婦には寝る時間を知らせ、猫のハーマンにはねずみを探しはじめる時間を、ふくろうのオリバーにはホーホ鳴く時間をそれぞれに知らせる、いわば合図になっていたのでした。

ところがある日、ホイッティカーさんは階段とドアを修理してしまいます。するとジョージーが何をしても、今までのように音は鳴りません。困ったジョージーは、仕方なく新たな家を探すことにしましたが、行く先々でさまざまな困難におそわれてしまいます。一方、ホイッティカーさん夫婦、猫のハーマン、ふくろうのオリバーも、いつもの音が鳴らないものですから、みんな時間がわからなくなるという困った事態に。ジョージーやホイッティカーさんたちは、このあとどうなるのでしょうか?

読んだあとには、家の中で鳴る音はジョージーのしわざかも?と思えてしまいそうです。(by tome

コメント