図書館からのおススメ絵本 ~Vol.152~

3~5歳向けの絵本です

『かまきりのちょん』   得田之久さく/え 福音館書店 1967

このかまきり、名前をちょんといいます。これは、ちょんの一日を追ったお話です。

ちょんはまず、あさつゆでみだしなみを整えます。そうしていたら、目の前をてんとうむしが通り過ぎていきました。気になって追いかけてみましたが、あっという間に飛んでいかれてしまいました。置いてけぼりのちょんの目の前に今度は、みのむしがおりてきました。気になったちょんは、みのむしにとびつきます。しかし、ゆらゆらゆれるみのむしに揺られたちょんは、ありのむれの真ん中にまっさかさまに落ちてしまいました。でも、おおあわてで逃げた先でちょんは、ごはんにありつくことができたのでした。ただ前に進むだけでも、ちょんにとっては大冒険になるようです。

リアルながらもどこかかわいいちょんと、他の虫や植物たちが織り成すあざやかな緑の世界に触れると、まるでかまきりの一日を体験できるかのようです。(tome)

コメント