図書館からのオススメ絵本 ~Vol.165~

6歳~向けの絵本です

『根っこのこどもたち目をさます』ジビレ・フォン・オルファースえ、ヘレン・ディーン・フィッシュぶん、いしいももこやく

黄色の表紙に描かれた緑色のこどもたちのシルエット。とてもかわいらしいこのこたち、じつは、じめんの下の根っこなのです。

春が近づくと、根っこのこどもたちは土のおかあさんに「もうすぐ春ですよ、しごとをはじめなくてはいけません」と起こされます。こどもたちは喜びながらそれぞれ春の支度にとりかかります。女の子は春に着るきれいな色の服を縫い、男の子は虫たちに春の色をぬってあげたりします。準備ができあがったとき、いよいよ春がやってきます。じめんの上では虫や鳥がにぎやかに歌をうたい、花やこどもたちがあたたかな春の世界をあざやかに彩ります。

楽しい幸せな時間が終わると、こどもたちは土のおかあさんのもとへ帰ってゆきます。そしてまた次の春が来るのを待ちわびながら眠りにつくのです。

季節の移り変わりのようすをやさしいタッチで描いた、春の訪れへの喜びを感じられるお話です。(by tome)